12/07 (水)【リスキリング施策のポイント】DX時代のライフシフトの考え方 開催

【リスキリング施策のポイント】DX時代のライフシフト/中高年の職場ストレス調査データの傾向【弊社CEO 徳岡 晃一郎登壇・人事向け・無料】

 
 
本ウェビナーでは、弊社CEO 徳岡 晃一郎氏が登壇し、いま注目されている「リスキリング」施策の促進にあたってのポイントや、
DX時代のライフシフトの必要性、その意味について講演いたします。
 
基調講演には、職業性ストレスモデルを応用したストレスチェック サービス「PRAS」を開発する医療産業研究所 梅本 哲氏より、
中高年のパフォーマンスの引き出し方について、ストレスチェックの分析結果から示唆をいただきます。
 
最後に、人生100年時代を迎えるにあたってのキャリア創造、心豊かに暮らせる社会づくりに必要となるリスキリング・ライフシフトに、
企業はどう取り組んでいくべきか、座談会形式で議論を深めていきます。
 
 
 

◆アジェンダ
・基調講演 40代から50代の職場ストレスの現状/職場ストレス調査データの傾向(医療産業研究所 梅本 哲 氏)
・特別講演 DX時代に求められるライフシフトとリスキリング施策のポイント(多摩大学大学院教授 徳岡晃一郎 氏)
・座談会 リスキリング・ライフシフトに企業はどう取り組んでいくべきか(司会:Attuned 飯田 蔵土 氏)
・質疑応答
 
 

◆お申し込み
お申込み、詳細はこちらのページからお願いします
 
 

◆講師略歴
 
徳岡 晃一郎 ライフシフト大学 理事長・多摩大学大学院 教授
日産自動車人事部、欧州日産を経て、1999年よりコミュニケーションコンサルティングでは世界最大手の米フライシュマン・ヒラードの日本法人のSVP/パートナー(株)ライフシフトCEO。人事制度、風土改革、社内コミュニケーション、レピュテーションマネジメント、リーダーシップ開発などに従事。2006年より多摩大学大学院を兼務。著書に『MBB:思いのマネジメント』(野中郁次郎教授、一條和生教授との共著)、『イノベーターシップ』など多数。東京大学教養学部国際関係論卒。英国オックスフォード大学ビジネスマネジメント修了(経営管理学修士)
 
 
梅本 哲 株式会社 医療産業研究所 代表取締役社長
1986年 医療分野における調査・コンサルティングに特化した専門企業として、医療産業研究所を設立。以来35年にわたり、中央官庁、地方自治体、公益法人、大学等教育機関、官民研究機関、医療機関・団体、民間企業等、幅広いクライアントから、保健・医療・福祉に関する多様なテーマでの調査依頼を受託。
2003年 筑波大学と産学協同で開発したストレスチェックツール(PRAS)を基軸に、メンタルヘルス事業へ参入。2015年 ストレスチェック義務化を経て現在に至る。
 
 
飯田 蔵土 Attuned 日本事業部長(EQIQ株式会社)
新卒でHPにSEとして入社し、その後米国本社経営企画部門へ異動。複数の大手外資系企業にて戦略コンサル、事業部長、オペレーションズ本部本部長などを務め、AIベンチャーへの参画を経て現職。FAX注文書の入力から、多国籍企業間のM&A、営業、FP&Aまでカバーする。一橋大学大学院修了(MBA in Finance)
https://www.attuned.ai/
 

 
Attuned 個人情報保護方針 https://www.attuned.ai/privacy-policy-jp
医療産業研究所 個人情報保護方針 http://www.hmijp.com/company_privacy_a.html